和の心 和食を着飾る食品容器

和食と食品容器の関係

12月
26

和の心

Posted under by suedeheadcomic.com

日本の心、和食。
つい最近、無形文化遺産に登録されたことによって、名実ともに日本が世界に誇る食文化としての地位を確かなものとしました。

とは言え、日本に暮らし、日本に住み、日本で食事をしている私たちからすると、和食もそれほど特別な食べ物というわけではありませんよね。毎日食べているという人もいるでしょう。

無形文化遺産に登録された、なんてことになると、これから毎日食べるのは贅沢なのかしら、なんて思ってしまったりもしますが、もちろんこれからも毎日変わらず、和食を美味しくいただいてきましょう!

さて、和食と言うと立派な食器に乗せられて出てくるイメージがありますよね。あれもまた、和食に華を添える重要な役割を担っています。
ただ、日頃から楽しんでいる和食は、そうそう立派な器に乗せられて出てくるわけではないと思います。例えば私の今晩の夕食は「肉じゃが」、立派な和食ですが、ホームセンターで買ったプラスチックの食品容器で食卓に並びます。

いくら慣れ親しんだ食事とは言え、無形文化遺産に登録されようかという和食。こんな粗末な食品容器はないだろー! と、若干思うのもまた事実。
とは言え豪華な器を用意するお金も手間も勿体ない……となれば、ここは妥協案として、ちょっと豪勢な食品容器、という辺りでどうでしょう?

実は食品容器って、色々な種類が出ているんです。中にはもちろん、和食にぴったりの施しがされたものも。
本来、和食に使う漆器なんかと比べると、グレードはやや下がってしまいますが、でも使い捨てにできる気安さもありますし、それでいて味気ないプラスチックのトレーなんかよりよっぽど雅で、私たちの日常的な和食文化をより豊かなものにしてくれると思います。

情報サイトへ

重曹をお求めでしたら|NICHIGA

食器容器のことなら【斎藤容器】